心の導火線に火をつけて

名古屋に住んでいる理系大卒社畜系男子の雑記

一人暮らしの男子がヤマト運輸の不在票ループから脱出する方法

f:id:zinx583:20170304032242p:plain 

こんにちは、TNTです。

宅配便の受取問題、困ったことありませんか?

今回は宅配便の不在票ループから脱出する方法をまとめてみます。

 

 

 

 

宅配便を受け取る苦労を知らない時代

 私は大学時代は寮に住んでいました。

 寮は相部屋の生活でプライベートはほぼ皆無です。寮には管理人が常駐し、宅配便などの荷物の受取は管理人を介して行っていました。平日の授業がある日や、帰省していて不在の日であっても、管理人が受取っておいてくれるのです。

 そのため、学生時代には宅配便を受け取る苦労というのがわかりませんでした。

 

一人暮らしで宅配便を受け取るための苦労

 就職して借り上げの社宅に一人で住むようになって、困ったことの1つに宅配便の受取があります。平日は勿論仕事で不在で受け取ることが出来ません。そこで、不在票の伝票番号をもとに、平日夜の再配達を依頼しますが、残業で仕事が長引いて結局受け取れない、といった事態はよくあることです。

 結局平日受け取れず、土曜日午前中で再配達をお願いするものの、午前中という幅広い時間区分のため、荷物を受け取るまで身動きが取れなかったりします。

 

便利なコンビニ受け取り

 そういった事態を回避するために、最近ではコンビニ受取の制度が普及していますね。amazonで購入すると、配達先を付近のコンビニに指定することが出来ます。

 このサービスをうまく活用することがキモになってきます。

 

 

コンビニ受け取りに指定できない場合も・・・

 しかし、楽天市場を始めとしたamazon意外の通販サイトでは、配達先をコンビニに指定することが出来ない場合があります。

 

 

ではどうしたらいいのか?

 じつはとても簡単!

 クロネコメンバーズに登録して受け取り場所を変更するだけです。

ヤマト運輸のクロネコメンバーズ

 受け取り場所の変更は問い合わせナンバーがあれば対応できるので、スマホで簡単に申し込みできます。

 

 通常だと配達先をコンビニに出来ないので、普通に自宅に指定するしか無いのですが、クロネコメンバーズに登録すると、通常の再配達受付だけでなく、受取場所の変更ができるのです。

 受取場所の変更で最寄りのコンビニを選んで申し込むだけで、コンビニでの受取が可能になります。

 

自宅の隣にはコンビニがあるのでこのサービスは大変助かります。

最近なにかと話題のヤマト運輸ですが、なんとか頑張って欲しいですね。