読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心の導火線に火をつけて

名古屋に住んでいる理系大卒社畜系男子の雑記

ダイエットにMCTオイルが良いらしいという話

こんにちは、TNTです。

 

f:id:zinx583:20170305235407p:plain

 社会人になってから、運動する時間が学生時代よりも少なくなりました。食事に関しては、学生時代のようなドカ食いは減ったものの一般男性よりも大食いであるという自覚があります。

 体重はなんとか横ばいにとどめていますが、少しずつ体脂肪率が上がっているので筋肉の衰えも多少あると思います。

 このままデブまっしぐら!っていうのはなんとか阻止したいのでダイエットを決意。そして調べてまとめてみました。

 

 

流行のダイエット方法、糖質制限ダイエット

 ダイエットといえば、糖質制限がトレンドですね。炭水化物を始めとした糖質の摂取量を制限することで、痩せやすい身体づくりをしていくものです。

 糖質制限ダイエットのメカニズムに関しては専門家に任せることとします(調べても説明できるほど理解できなかったのは内緒)。

 肉を食べても良いと聞いて自分でも続けられそうだと一瞬思ったりもしましたが、ご飯・麺・パンなど、この世には糖質であふれているため結構苦労しそうというのが本音です。

 糖質制限ダイエットは制限の度合いによって3つに分類されるようです。

 

プチ糖質制限

1食あたりの糖質摂取量:60g以下
1日あたりの糖質摂取量:120~170g

 プチ糖質制限ダイエットとは3食のうち、1食だけ主食を抜いた上記摂取量に留めることです。あとの2食は主食を食べることができるので、無理なく続けられそうですが、効果は非常に緩やか。ダイエットというよりは体重維持が目的になりそうです。

 

スタンダード糖質制限

1食あたりの糖質摂取量:40g以下
1日あたりの糖質摂取量:60~120g

 スタンダード糖質制限ダイエットとは3食のうち、2食の主食を抜いて摂取量を抑えることです。ごはんだと、1日茶碗1~2杯が目安。制限は厳しくなりますが、それでも1日1食は主食を食べることができるので、なんとか続けられそうな気がします。朝・夕を抜くのが一般的みたいですが、個人的には朝昼を抜いて夕食べたい気もします。

 

スーパー糖質制限

1食あたりの糖質摂取量:20g以下
1日あたりの糖質摂取量:30~60g

 ここまで来ると度を越しています。主食を抜いて肉野菜中心のメニューになりそうです。ストレスも溜まりそうです。

 

MCTオイルが良いらしい

 調べていくうちに糖質制限ダイエット界隈ではMCTオイルがブームになっているようです。

 

 

MCTオイルとは

 中鎖脂肪酸100%の油のことで、サラダ油やオリーブオイルといった油と違い、分解が早く、エネルギーになりやすい油らしいです。

 

効果

 簡単にいうとケトン体を身体で作り出す手助けをしてくれるみたいです。

 糖質制限は糖質を抑えることで、体内のブドウ糖を減らし、飢餓状態を擬似させてブドウ糖の代わりのエネルギーとなるケトン体を体内で脂肪を分解して発生させるダイエットです。ケトン体を体内でつくるために脂肪が消費されるため痩せる、というのが簡単な仕組みのようです。中鎖脂肪酸を摂取するとケトン体を作りやすい身体になりやすいみたいです。

 あくまでも飲めば痩せるというわけではなく、ある程度糖質を制限していないと効果は期待できそうにないみたいですが、糖質制限ダイエットの効果を底上げ出来そうです。